IMG/3組のアーティストによる映像作品展

sprout_img

展覧会タイトル:IMG/3組のアーティストによる映像作品展

出品作家:荒木悠、高嶋晋一+中川周、迫鉄平

会期:2019年9月21日(土)~10月20日(日)

 

オープニングレセプション:9/21(土)18~20時

 

スプラウト・キュレーションはこの秋、荒木悠、高嶋晋一+中川周、迫鉄平という、近年活躍がめざましい3組のアーティストを招聘し、映像作品によるグループ展を開催いたします。

*上映時間についてご注意:各作家とも15~20分の作品です。閉店時間(平日7時・日曜5時)時点で上映中の作品は最後まで上映しますが、全てご覧頂くためには時間に余裕を持ってご来場ください。

 

荒木悠 | Yu ARAKI

1985年山形市生まれ。東京都在住。2010年東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。近年は、文化圏や時代の隔たりによって生じる誤訳や差異または類似に着目した事象を再構成し、語り直す方法を模索している。

 

迫鉄平|Teppei SAKO

1988年大阪府生まれ。2014年京都精華大学大学院芸術研究科前期博士課程修了。京都精華大学大学院芸術研究科後期博士課程満期退学。瞬間を切り撮るスナップ写真の技法を応用した動画作品や、複数の瞬間を一枚の写真に畳み込むスナップ写真のシリーズにおいて、「決定的瞬間」から被写体と鑑賞者を解放することを試みている。

 

高嶋晋一+中川周|Shinichi TAKASHIMA + Shu NAKAGAWA

 

パフォーマンス作品などを手がけ執筆活動も行う美術作家の高嶋(1978年東京都生まれ)と、博物資料やプロダクツの撮影に携わる写真家・映像作家の中川(1980年高知県生まれ)によるユニット。2014年から共同で映像制作を開始し、それ自体は画面内に見えるものではないカメラの運動性を基軸とした作品を発表する。運動視差を利用した測量にも似た手法で、人間不在の世界を描く。